照子ワインバーグ
ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会委員長

 
1959年、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(以下LANSCA)は、アイゼンハワー大統領の市民国際交流プログラムの一環として誕生しました。2019年、LANSCAはロサンゼルスの最初の姉妹都市の重要な節目としての60周年を迎えます。

名古屋は日本の愛知県の県庁所在地です。愛知は「ものづくりの拠点」であり、長年継続して輸出品の出荷量においては日本1位の座を維持しています。愛知はまた、日本の歴史にも輝かしい足跡を残してきました。特に15世紀から16世紀にかけての戦国時代には、織田信長、豊臣秀吉、そして日本を統一し、200年以上にわたり徳川幕府によって国を治めた徳川家康という3人の偉大な武将を輩出しました。この特筆すべき侍の歴史と伝統の片鱗は、今でも名古屋の随所で見かけることができます。さらに、アニメの発展形として、日本文化の最新トレンドであるコスプレも名古屋がその中心地です。私たちの日本の姉妹都市は、新旧文化が共存した特異な場所であると言えます。

新生LANSCAの目標はその成り立ちの基本に立ち返り、ロサンゼルスの人々に、名古屋の特性を紹介し、ロサンゼルスにとって最初の姉妹都市である名古屋について深い理解を促すということです。名古屋とロサンゼルスの間にはすでに絆が結ばれていますが、LANSCAは組織、企業、学校、そして個人に呼びかけ、その絆が広い層に渡ることを目指して取り組んでおります。そのためにLANSCAは、ロサンゼルスの地において海の向こうの隣人である名古屋の魅力をアピールすることに尽力し、またロサンゼルス市民と共に名古屋を訪れて両市の長年の友情を確認することで、姉妹都市プログラムに参加する人々の輪を今後ますます拡大することに努めてまいります。
 
 

LANSCA委員長
照子ワインバーグ